COMPANY グループクロニクル

当社の歴史を、動画と共にご紹介

90年以上続くナガイホールディングスの歴史

たくさんの社員とお客様に支えられ創業90年
今後もお客様から信頼していただける企業であり続け
次の100年に続く企業を目指します。

  • 1925-1984
  • 1985-2005
  • 2006-2013
  • 2014-FUTURE
1925-1984
1925年
永井一古一が米屋として個人創業
大正14年
創業者永井一古一(ながいひこいち)が結婚した年が大正14年。米屋として個人創業し、名前の一古一と米屋をあわせて「米彦商店」と名付けました。
荷造材料(縄)の販売も行い、瀬戸まで売りに行っていたそうです。
永井一古一が米屋として個人創業
1945年
鉄工所の運営開始(乳母車・藁工品を販売)
昭和20年
第二次世界大戦後、乳母車の部品を作る鉄工所を手掛け、乳母車や、藁工品(わらこうひん)の販売を始めました。
鉄工所の運営開始(乳母車・藁工品を販売)
1947年
製紙原料の取り扱いを開始
昭和22年
地元の有力企業様へ古紙を販売するようになり、横町工場(清須市)を開設し、製紙原料卸売問屋を始めました。
時代の流れとともに何度も商いを変えてきましたが、製紙原料の商売は現在の永井産業グループの柱として大きく育つこととなりました。
1964年
永井純三が第2代代表取締役に就任
昭和39年5月
永井一古一(享年60歳)が亡くなり、一古一の長男、永井純三が跡を継ぎました。
その頃、主な売り先であった有力企業が製紙部門を撤退、製紙原料を扱う各商社との取引が始まりました。
永井純三が第2代代表取締役に就任
1969年
永井産業株式会社設立
昭和44年7月
段ボールの仕入れ先であった大手小売業様より、廃棄物の収集も依頼されました。
しかし、廃棄物のことは分からないことが多く、廃棄物を取り扱っている業者に協力してもらいました。
その時、廃棄物処理部門として設立されたのが永井産業株式会社であり、当グループの中核企業として成長しました。
1972年
名古屋市一般廃棄物処理業許可取得
昭和47年4月
名古屋市一般廃棄物処理業の許可を取得しました。
現在では名古屋市一般廃棄物処理事業が永井産業グループの主力サービスとなっています。
名古屋市一般廃棄物処理業許可取得
1972年
外町倉庫(現:清須リサイクルセンター)開設
昭和47年5月
1971年(昭和46年)に新川町の依頼で現在の清須リサイクルセンターの地である外町(西須ヶ口)に土地を購入しました。
工場と事務所を開設し、プレス機や車ごと計量できる計量器も設置しました。同時に横町工場を閉鎖しました。
外町倉庫(現:清須リサイクルセンター)開設
1974年
一般廃棄物処理業本格稼働
昭和49年3月
協力業者に任せていた一般廃棄物処理事業を、自社回収することとなりました。
協力業者の従業員を5名雇い入れ、一般廃棄物処理業を本格的に稼働し始めました。
1975年
米彦を法人組織に改組
昭和50年7月
米彦商店を「株式会社米彦」とし法人組織にしました。
米彦を法人組織に改組
1980年
愛知県及び名古屋市産業廃棄物収集運搬業許可取得
昭和55年5月
一般廃棄物だけでなく産業廃棄物の許可も取得し、扱う廃棄物の幅を広げ、様々なお客様のご要望に対応できるようになりました。
愛知県及び名古屋市産業廃棄物収集運搬業許可取得

1985-2005
1985年
永井並夫が第3代代表取締役に就任
昭和60年1月
永井純三(享年55歳)が亡くなり娘婿であった永井並夫が就任しました。
永井並夫が第3代代表取締役に就任
1986年
中部古紙センター設立
昭和61年
四国でちり紙交換を主に行っていた大手古紙業者と業務提携しちり紙交換部門で中部古紙センターを設立しました。
ちり紙交換ドライバーを雇い、当時画期的であった宝くじ付きトイレットペーパーと交換できる古紙回収を始めました。
最盛期には10名以上のドライバーがいましたが、古紙相場暴落に伴い人数も減少し、数年後にはちり紙交換部門としては消滅しました。
1993年
一宮市一般廃棄物処理業許可取得
平成5年4月
中部古紙センター設立
2000年
古物商(米彦)取得
平成12年3月
2002年
三好営業所(現:みよしリサイクルセンター)開設
平成14年4月
古紙の取り扱い量も順調に増えており、新たな展開として、三好町(現:みよし市)の同業者が移転した跡地に三河エリアにはじめての拠点を開設することになりました。
三好営業所(現:みよしリサイクルセンター)開設
2003年
リサイクリング名古屋協同組合設立
平成15年9月
名古屋市一般廃棄物処理業者6社で、ビン・缶・ペットボトル・発泡スチロールなどの資源ごみを共同で再資源化する施設「リサイクリング名古屋協同組合」を発足し、スケールメリットを活かした工場運営ができるようになりました。
リサイクリング名古屋協同組合設立
2003年
ホームページ(Ver.1)開設
平成15年12月
永井産業として初めてのホームページを開設しました。
一般廃棄物処理業者としてはまだホームページを開設している業者も多くなく、ホームページからの問い合わせも増えていきました。
ホームページ(Ver.1)開設
2004年
名古屋市事業系一般廃棄物全面民間委託
平成16年4月
名古屋市では少量排出事業者に限り、市が事業系一般廃棄物を直接収集していましたが、この年全面的に民間委託に収集形態が変更されました。
永井産業も多くの事業者から収集依頼を受け、まだ余力のあった車両もフル稼働で稼働するようになっていきました。
名古屋市事業系一般廃棄物全面民間委託
2004年
豊田市一般廃棄物処理業許可取得(現在は廃止)
平成16年7月
2004年
東海市一般廃棄物処理業許可取得
平成16年9月
2004年
長先工場開設
平成16年12月
長先工場開設
2005年
経営コンサルティング会社と契約
平成17年4月
まだ従業員の給与体系の明確なルールや、評価制度もなく、外部のコンサルタントに依頼をし、社内体制の整備に取り組んでいくこととなりました。
2005年
清須市一般廃棄物処理業許可取得
平成17年7月
2005年
港リサイクルセンター開設
平成17年10月
産業廃棄物中間処理施設として港リサイクルセンターを開設しました。
あわせて、名古屋市一般廃棄物許可車両も港リサイクルセンターに集約し、名古屋市の一般廃棄物と産業廃棄物を取り扱うセンターとして事業展開を行うこととなりました。
2005年
ホームページ(Ver.2)リニューアル
平成17年10月
ホームページ(Ver.2)リニューアル

1985-2005
2006年
計量証明事業登録
平成18年1月
2006年
第1回社員総会2006開催
平成18年4月
社内で発足させたプロジェクトメンバーが主体となって第1回の社員総会を開催、あわせて1年前から構築準備をしてきた評価制度を導入しました。
これを機に会社の組織改革を断行し、会社の組織化に向け舵を切っていくこととなりました。
第1回社員総会2006開催
2006年
インターネット媒体による求人開始
平成18年5月
多くの社員が定年や退職したことを機に、インターネット媒体による求人を開始しました。
多額の予算を投下し多くの優秀な社員を確保できるようになっていきました。
インターネット媒体による求人活動開始
2007年
産業廃棄物処分業許可取得
平成19年3月
産業廃棄物の中間処理事業を行うために、産業廃棄物処分業の許可を取得しました。
これにより、収集運搬から中間処分までを一貫した体制で、取り扱うことができるようになりました。
産業廃棄物処分業許可取得
2007年
「エコスタイル」開設
平成19年4月
不用品回収ウェブサイト「エコスタイル」を開設しました。
現在は、ライフサポート事業のオールインワンサービスとして発展、展開しています。
「エコスタイル」開設
2007年
プライバシーマーク認定取得
平成19年5月
お客様の個人情報保護に対する意識の高まりから、プライバシーマークを取得しました。
これにより、お客様の機密書類処理も安心してお任せいただけるようになりました。
プライバシーマーク認定取得
2007年
グループウェア導入
平成19年6月
営業所が複数となり、社内での情報共有に課題がではじめました。
そこで、グループウェアを一部社員に導入し運用、現在では全社員がグループウェア上で情報共有を図っています。
グループウェア導入
2007年
ホームページ(Ver.3)リニューアル
平成19年8月
ホームページ(Ver.3)リニューアル
2007年
古紙商品化適格事業所認定
平成19年9月
古紙商品化適格事業所認定
2007年
ISO14001認定取得
平成19年10月
環境問題と密接に関連する事業を行う企業の責任として、ISO14001を認定取得しました。
ISO14001認定取得
2008年
稲沢市一般廃棄物処理業許可取得
平成20年4月
2008年
甚目寺町(現:あま市)一般廃棄物処理業許可取得
平成20年5月
2008年
三好町(現:みよし市)一般廃棄物処理業許可取得
平成20年5月
2008年
一般貨物自動車運送事業許可取得
平成20年5月
2008年
岐阜県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成20年6月
2008年
古物商(永井産業株式会社)取得
平成20年7月
2008年
廃棄物再生事業者(永井産業株式会社)登録
平成20年7月
2008年
三重県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成20年7月
2008年
廃棄物再生事業者(株式会社米彦)登録
平成20年9月
2009年
名古屋市エコ事業所認定
平成21年2月
2009年
大治町一般廃棄物処理業許可取得
平成21年3月
2009年
美和町一般廃棄物処理業許可取得
平成21年4月
2009年
弥富市(積卸しに限る)一般廃棄物処理業許可取得
平成21年4月
2010年
本社新社屋竣工
平成22年2月
老朽化の激しかった事務所を建て替え、新しく本社事務所として開設しました。
本社新社屋竣工
2011年
長先工場積替え・保管許可取得
平成23年2月
2011年
リサイクルステーション北島(現:エコスタイル北島ステーション)開設
平成23年5月
当グループとして初となる年中無休24時間古紙等の持ち込みが可能なリサイクルステーションを愛知県稲沢市に設置しました。
リサイクルステーション北島(現:エコスタイル北島ステーション)開設
2012年
名古屋市一般廃棄物夜間収集開始
平成24年7月
顧客数の増大とお客様のニーズに応えるために、一般廃棄物の夜間収集を開始しました。
名古屋市一般廃棄物夜間収集開始
2012年
エコスタイル苅安賀ステーション開設
平成24年10月
エコスタイルブランドとして初めてとなるリサイクルステーションを愛知県一宮市に設置しました。
エコスタイル苅安賀ステーション開設
2012年
ホームページ(Ver.4)リニューアル
平成24年11月
ホームページ(Ver.4)リニューアル
2012年
エコスタイル辻町ステーション開設
平成24年11月
2013年
エコスタイル下津ステーション開設
平成25年3月
2013年
岐阜県特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成25年11月
2013年
三重県特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成25年12月
2013年
美和町一般廃棄物処理業許可取得
平成25年12月
2013年
愛知県特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成25年12月
2013年
名古屋市特別管理産業廃棄物収集運搬業及び積替え・保管許可取得
平成25年12月

2014-FUTURE
2014年
永井宏典が第4代代表取締役に就任
平成26年4月
永井並夫の長男である永井宏典が第4代代表取締役に就任しました。
2014年
エコスタイル朝日城屋敷ステーション開設
平成26年8月
永井宏典が第4代代表取締役に就任
2014年
エコスタイル戸田ステーション開設
平成26年9月
2014年
みよしリサイクルセンター移転・開設
平成26年12月
みよしリサイクルセンターが手狭になっていたことから、同じ愛知県みよし市内にみよしリサイクルセンターを移転・開設しました。
みよしリサイクルセンター移転・開設
2014年
シュレッドセンター開設
平成26年12月
機密書類処理施設シュレッドセンターをみよしリサイクルセンターと併設して愛知県東郷町に開設しました。
これにより、運搬から処理まで一貫した処理を行うことでお客様により安心していただける機密書類処理サービスを提供できるようになりました。
2014年
エコスタイル野崎町ステーション開設
平成26年12月
2015年
エコスタイル七宝町ステーション開設
平成27年2月
2015年
エコスタイル三好町ステーション開設
平成27年3月
2015年
エコスタイル丹陽ステーション開設
平成27年4月
2015年
エコスタイル鹿田ステーション開設
平成27年6月
2015年
エコスタイル伝右ステーション開設
平成27年7月
2015年
エコスタイル小垣江町ステーション開設
平成27年10月
2016年
中長期ビジョン「N-VISION2020」策定
平成28年4月
東京オリンピックが開催される2020年をターゲットイヤーとして、永井産業グループ中長期ビジョン「N-VISION2020」を策定し、全社員が共有するビジョンとして掲げました。
あわせて、永井産業グループの新しいエンブレムも発表しました。
中長期ビジョン「N-VISION2020」策定
2016年
株式会社米彦をエヌフロント株式会社に社名変更
平成28年7月
2016年
永井産業株式会社統括本部を名古屋市西区に設置
平成28年7月
永井産業株式会社統括本部を名古屋市西区に設置
2016年
エコスタイル篠田ステーション開設
平成28年12月
2016年
エコスタイル蟹江新田ステーション開設
平成28年12月
2017年
エコスタイル足近町ステーション開設
平成29年8月
2017年
エコスタイル杁前町ステーション開設
平成29年11月
2017年
エコスタイル原ステーション開設
平成29年12月
2018年
株式会社常栄産業と資本提携
平成30年7月
株式会社常栄産業では、塩ビ管やペットボトルを中心とした廃プラスチックリサイクル事業を行っています。
プラスチックのリサイクルに携わることで我々のミッションである「持続可能な社会の創造」に向け、グループの総合力を高め、地域社会に貢献してまいります。
株式会社常栄産業と資本提携
2018年
エコスタイル小幡ステーション開設
平成30年8月
2018年
エコスタイル下本町ステーション開設
平成30年9月
2019年
エコスタイル三本木ステーション開設
平成31年1月
2019年
エコスタイルツジ薬局本郷店ステーション開設
平成31年3月
2019年
エコスタイルのあずあーくステーション開設
平成31年3月
2019年
有限会社シンセイと資本提携
令和元年10月
有限会社シンセイは一宮市を中心とした尾張地域を営業拠点とし、産業廃棄物並びに一般廃棄物処理事業、及び解体業を手掛けている会社です。
尾張地域から排出される廃棄物処理事業の更なるサービス向上が可能となりました。
我々のミッションである「持続可能な社会の創造」に向け、グループの総合力を高め、地域社会に貢献してまいります。
2020年
ナガイホールディングス株式会社へ持株会社体制移行
令和2年4月
永井産業グループは、経営資源の集約と適切な配分による競争力のある事業体制を構築することを目的として、令和2年4月1日をもってエヌフロント株式会社を持株会社とするホールディングス体制へと移行し、同社の商号を「ナガイホールディングス株式会社」へと変更しました。
ナガイホールディングス株式会社へ持株会社体制移行

ONLINE SHOP ゴミ回収シールのご注文