BUSINESS 一般廃棄物処理

一般廃棄物の適正処理は企業の法的義務

実績と信頼で
企業の事業活動をサポートします

当社は名古屋市を中心に、約5,000ヶ所以上の事業所・店舗の事業系一般廃棄物を収集しています。
環境保護や衛生管理の観点からも、適正に処理することで
企業の事業活動を円滑にサポートいたします。

事業系一般廃棄物について

事業活動に伴って排出される廃棄物は、
大きく分けて「産業廃棄物」と「事業系一般廃棄物」が存在します。

事業系一般廃棄物について

廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)で定められている一般廃棄物は、産業廃棄物に該当しない全ての廃棄物のことを指します。
事業活動に伴って排出される廃棄物であっても一般廃棄物に該当するものを、法に定められた用語ではありませんが「事業系一般廃棄物」と呼んでいます。

主な事業系一般廃棄物

レストラン・飲食店から排出される残飯類、オフィスから出るリサイクルできない紙くず、造園業から排出される剪定枝、枯葉類等があげられます。

店舗・会社・工場・事務所などの営利を目的とするものだけではなく、学校や官公署など、広く公共サービス等を行っているところを含めて、事業活動から出るすべてのごみは、事業系ごみです。

「廃棄物処理法」について

事業者は、廃棄物を適正に処理をする義務があります。

廃棄物処理法には、事業者は事業系ごみを自らの責任で処理処理(分別、保管、収集、運搬、再生、処分など)しなければならないものと定めています。
自ら各自治体の定める処理施設に持ち込むか、各自治体が許可した一般廃棄物収集運搬業者に処理を依頼する必要があり、一般廃棄物処分業の許可を受けていない産業廃棄物処理事業者へ処理・委託することは違法となります。

毎年のように改正される「廃棄物処理法」の順守を、当社がトータルサポートいたします。

「廃棄物処理法」について

当社の特徴

01
24時間365日体制
ご都合に合わせた収集が可能
24時間365日体制

オフィスの移転や決算前、各店舗の繁忙期など、オフィスごみや生ごみなどが多く出る時でも、通常の定期回収とは別にスポット回収の依頼ができたり、繁忙期の時期に合わせて収集回数を増やしたりといった柔軟な対応が可能です。
また生ごみなどの一般廃棄物を閉店後に排出する飲食店の場合、排出されてからできるだけ速やかに回収した方が衛生上の観点からも望ましいと言えます。

02
SDGs・社会貢献
総合環境ソリューション企業
SDGs・社会貢献

当社は一般廃棄物をごみとして処理するだけでなく、リサイクルできるものは資源として収集します。
オフィスで多く出る事業系ごみは書類が多く、しっかりと分別を行い、リサイクルルートにのせることができれば、再生紙として再び活用することができます。
これからますます重要視される、企業のSDGs・社会貢献への取り組みを、当社が担います。

03
食品リサイクルにも対応
食品廃棄物の再資源化も順守
食品リサイクルにも対応

食品の卸売・小売業者や飲食店および食事の提供を行う外食産業などから排出される、生ごみや残飯などの食品廃棄物については、飼料や肥料などへの再資源化が食品リサイクル法により義務づけられています。
当社では食品リサイクル法に対応し、提携先の食品リサイクル施設により「肥料」として再生し、農作物等の栽培に利用することで、食品リサイクルループ形成の一助となっています。

収集・処理の流れ

一般廃棄物
食品廃棄物

収集許可エリア

収集許可エリア
ONLINE SHOP ゴミ回収シールのご注文