BUSINESS 産業廃棄物処理

収集から中間処分まで一貫体制、多種多様な廃棄物に対応

コンプライアンスに基づいた適正な処理で 安心と信頼を提供します

産業廃棄物の処理問題は私たちの生活を脅かす
環境汚染の大きな原因の一つですので、
適切な方法で処理・処分・再利用を行える当社にお任せください。

産業廃棄物について

一般廃棄物よりも環境や人体へ与える悪影響が大きいため、
排出した事業者により処分する責務が設けられています。

産業廃棄物について
産業廃棄物は種類によって処理方法が異なるので、業務に遅れを出さずに大量の廃棄物の処理にも力を注ぐのは非常に困難です。
そのような場合には、産業廃棄物の収集運搬・処分の許可を得たナガイホールディングス株式会社へご依頼ください。
廃棄物の処理にかける手間や時間を割くためだけでなく、資源の有効化と廃棄物の減少に努められます。

産業廃棄物とは

事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、法律で定められた燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定められた計20種類の廃棄物、及び輸入された廃棄物を指します。

「マニフェスト(産業廃棄物管理票)制度」について

産業廃棄物は、排出した事業者に処理責任があり、
処分業者に委託する際も適切に処分されたかを確認する義務があります。

産業廃棄物の処理を収集運搬業者や処分業者に委託する際、「マニフェスト(産業廃棄物管理票)」に種類や数量、収集運搬業者名、 処分業者名を記入し、産業廃棄物とともに各業者に渡しながら、処分の流れを確認するしくみを「マニフェスト制度」といいます。
最終処分終了後、排出業者がマニフェストを受け取り、内容を確認することで不法投棄や不適正な処理を未然に防ぐことができるようになっています。
マニフェスト(産業廃棄物管理票)
マニフェスト制度の義務
マニフェスト制度には、排出事業者が厳守しなくてはならない義務があります。産業廃棄物の処理を委託するための委託基準を満たす義務、マニフェストを種類や行き先ごとに交付する義務、返送されてきたマニフェストを必ずチェックし、適正に処理されているか確認する義務、そして返送されてきたマニフェストを5年間保存する義務があります。 これらの義務に反した場合、罰則が適用されるので注意が必要です。
マニフェストの種類
電子媒体を活用した「電子マニフェスト」と
複写式伝票を使った「紙マニフェスト」があります。
電子マニフェストは、パソコンとインターネット回線を使用したもので簡単にパソコン端末から入力できます。紙マニフェストは、ホームページで記入方法を確認でき、全国の産業廃棄物協会で購入することができます。産業廃棄物の処理を委託する場合、いずれかのマニフェストを使用することが義務づけられています。 ナガイホールディングスは「紙マニフェスト」「電子マニフェスト」のどちらも対応しています。

当社の特徴

01
産業廃棄物収集運搬
多数の車両をラインナップ
産業廃棄物収集運搬
愛知・岐阜・三重の産業廃棄物収集運搬業許可を取得し、多種多様な産業廃棄物に対応できる車両を取り揃えています。 オフィスの引越しや店舗の撤去などで排出される事務什器・粗大ごみなども、少量から大量のものまで対応致します。
02
幅広い廃棄物に対応
建設廃棄物や粗大ゴミにも対応
幅広い廃棄物に対応
屋内からの運び出しも当社にお任せください。建物の建設や解体に伴う建設廃棄物にも対応します。また、店舗やオフィスの移転に伴い不要になった粗大ごみにも対応します。 また、中間処理施設である港リサイクルセンター・有限会社シンセイへ産業廃棄物のお持込にも対応しています。
03
コンプライアンスを重視した適正処理
廃棄物の種類に応じた適切な処理が可能
コンプライアンスを重視した適正処理
例えば、事務所の撤去等で廃棄物処分を業者に依頼する場合、一般廃棄物収集許可を持っていない産廃業者に依頼してしまうと、通常なら一般廃棄物として取り扱う可燃ごみやリサイクルできる段ボールなどもまとめて産業廃棄物として処分されてしまう可能性があります。 ナガイホールディングスなら「一般廃棄物」、「産業廃棄物」の収集運搬業許可証を取得しており、加えて段ボールやプラスチックなどのリサイクルにも強みを持っているため、廃棄物の種類に応じた適切な処理が可能です。このようなケースの場合、当社にご依頼いただければ責任を持ってトータルサポートし、1社ですべての処理を完結できるようコストダウンや環境へ配慮したご提案をいたします。

収集・処理の流れ

産業廃棄物

収集許可エリア

収集許可エリア
ONLINE SHOP ゴミ回収シールのご注文